スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本代表引き分けでも突き放しません

日本代表
ワールドカップ二次予選
初戦
引き分け

え?
いきなり
皆んな突き放すの?

ハリルやっぱり駄目なの(笑)

みんな
実は
二次予選なんて楽勝
そう思って無いの?

あの
私は怒りまくってますけど
実は
心の底では
二次予選なんて
眼中に無い(笑)

だいたい
代表選手も監督もそうでしょ
楽勝だと思ってるわ(笑)

楽勝と思ってるのに
必死なふりするからあかんのよ
ファンも観客も選手もやで

楽勝と感じたなら
王者のサッカーすりゃいいんです


引き分けたら
相手を褒めて
自分は怒られまくりなさい

今回の感想は無い!!

逆に
もっと気楽にやりなさい!!










スポンサーサイト

アジアカップ優勝の日本代表監督って

先日
惜しくも敗退したアジアカップ

過去の日本代表監督で
優勝した人を見ると
「一つの基準やったんやね」
って思えます

オフト
トルシエ
ジーコ
ザック

結局
このアジアチャンピオン監督達
オフトを除いた3人は
アジアカップ優勝から
W杯まで指揮を取っています
オフトだって
過去に無いW杯本戦出場へ
あとわずかまで迫りました

そして不思議にも
ファルカンさん(ベスト8)
加茂さん(ベスト8)
オシムさん(ベスト4)
は優勝して無い
各々理由は違うものの
全員W杯前に監督交代してます
(オシムさんは致し方ないですが)

岡ちゃんは可哀そうですが
途中から監督就任ばかりで
アジアカップについては
Mrイレギュラーってとこです

1992年
近年までW杯に縁のない国だったのが
「アジアは超えられる!」
もしくは
「アジア3位以内なら確保可能!」
という夢への道が明確に見えたのが
ダイナスティカップ優勝であり
何より
アジアカップ優勝であった事は
間違い無いでしょう

そして
海外招へい監督である
オフト監督の模擬試験としても
実に最適だったと思えます

これは
現在に置き換えても
なんら変わらない

W杯アジア予選は
絶対に
目をつぶっても通る
正直国民の多くは
こう思ってます(笑)

うーーーん
絶対なんてやっぱ無いでしょう

その絶対なんて無いってのが
今回のノックアウトラウンド

敵に研究されてきた自分達
その中で戦う自分たちの実力を知り
現在位置や戦略的な課題を知る
そして
監督の模擬試験としても
やはりこの大会は
重要な局面だったわけです
(変なうわさもあったわけですしね)

その大会で
PKですが
負けた

圧倒的なスタッツは置いときますw
そうです
負けは負けなんですわ

今まで
奇跡の様なPKや
美しいゴールで狂喜しました
そして
勝ってきました

「紙一重の差」です
でも
その「運」的な要素
みんなの心の監督評価表に
しっかりカウントされてるんじゃないでしょうか

ファンの意識の中に
美しくない記憶と共に
アギーレがインプットされたんじゃないでしょうか

もう半年後には
予選が始まります

アギーレは果たして
最終予選で指揮を執っているのでしょうか

基準の一つを落とした監督の
次の一手
楽しみではあります
































2014年12月6日 ガンバ大阪優勝の日 徳島ポカスタの旅

2014年12月6日は
「ガンバ大阪優勝の日」

そう決めて
賭けに出た
大変な労苦を伴ったが
チケットを入手

そして
後輩の夜勤明けを待って
大阪から四国徳島へ
車を飛ばす事2時間近く

とうとう
鳴門大橋を渡り
四国の大地に降り立つと
ポカリスエットスタジアムが現れた


20141206ポカスタ1


時計台が目印の総合運動公園

ビジター自由席には
既にガンバサポーターが大挙列をなし
しばらくすると続々と行軍を開始


20141206ポカスタ2


とりあえず
列を見てみて
「もうメインスタンドは諦めよう」

飯を食いに広場へ
徳島ラーメンとねぎ焼き
更にから揚げ弁当で腹ごしらえ

そろそろかと
バックスタンドへ

判断は正解

開始一時間前どころか
二時間前の入場開始即で
バックスタンド以外
ビジター自由席とA自由席のガンバ側は
全部埋まっていた


20141206ポカスタ9


20141206ポカスタ3



しかし
とにかく
風がきつい!!
強風!!!!!

そして

寒い!!
これはかなりきつい!!!!


そんな中でも
熱いのはガンバサポーター
敵地とは絶対思えない轟音
いや
もはやこの声は拳
剛腕ともいいえる
寒風を蹴散らす青い雷鳴

浮かび上がる
青と黒
「12・6 と マイスターシャーレ」
コレオグラフィー


20141206ポカスタ4


試合はもう


「これほどまでとは」
と思える難しい試合だった


寒さと風は
次第に観客をも蝕む


「死国」とは良く言ったものだ
なんて考えるくらい
思考もダメージを受け始める


もしかして
優勝できないのか・・・・・


不安は怒りと祈りに代わり
遠藤のCKには
祈るように声援が飛ぶ


20141206ポカスタ5



そして




試合は引き分けた

0 - 0



どうなった?
浦和はそのままか
鹿島はどうや



なんかガンバの選手が
喜んでるような


ポカスタ10



かなり遅れて
電光掲示板の表示が変わる


ポカスタ11


ライバルは負けていた




そして
本当に優勝した





マイスターシャーレが掲げられる


20141206ポカスタ6


バックスタンドでも
みな嬉しそうな笑顔


20141206ポカスタ7



そして選手たちやスタッフは
満を持して
全員でビジターゴール裏へ

ああ

選手たちがそこへ向かう足どり
やはり
何か違う

やっぱり何か違うってわかる

90分
選手と共に戦ってるって事

本当に
最後まで
「勝つんや絶対勝つんや」
って聞こえてた


実は

個人的に

僕にとっての
ゴール裏の住人さん達は
「憧れ畏怖憎悪尊敬」
全て入り混じる世界の人々

だから
うまく言葉にできない

ただ
うまく言えないが

壁を隔てて
選手と向かい合い
優勝を分かち合う姿は

「ひとつの家族」
だった

そう思う


20141206ポカスタ8



いつ終わるともしれない
いや終わらないでほしいと唄う
歓喜の「カンピオーネ」が響く



おめでとう
ガンバ大阪



おめでとう
ガンバサポーターのみんな



記念すべき旅
ここに終わる


ポカスタ12








P.S.

本当は徳島の挨拶が有ると思ったから
最後までスタンドにいたかったけど

後輩が寒さでグロッキーになったので
やむなく引き上げ・・・・

でも

徳島ヴォルティスのFANさん3人とお話しできたが
本当に良い人たちだった

駅にいたスタッフの人も

タクシーの運ちゃんも

バックスタンドのガンバファンの中で
あえて動かず
ただひたすら試合を
祈るように
目に焼き付けるように
見守っていたファンの方も

第九とコンチキチンの音
ホームゴール裏の熱いサポーターも

徳島ラーメンの女将も

無料駐車場の運営のおっちゃんも

みんな良い人でした

ありがとう徳島
また会いましょう

そして
また来ます

応援します


では


おやすみなさい










念の為に、サッカー協会会見記事

念の為に
サッカー協会会見記事を貼り付けておく


今回のアギーレ決定のサッカー協会会見記事
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?143760-143760-fl

ジーコ退任会見
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00034615.html

オシム就任会見
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00035567.html

オシムから岡田への切り替え会見
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00058271.html

ザック退任会見は前文おこしが無かった

各会見で
納得するかどうかは
人それぞれだろう

オシムの会見は
重要な断言が散見され
それこそ流石オシムと思える内容だ

これだけの監督の会見が有り
はたしてアギーレで進歩するのか
見て行きたい





ウルグアイ戦に物申す

BS1スペシャル
「山本五十六の真実」を見た

日本サッカー界の責任者共は
サッカーばかり見ないで
こういう番組をよく見なさい

ここで語られる
山本を取り巻く日本人は
一部は遥かに先進的で
一部は遥かに時代遅れだ

そして
毎回の政争、外交
毎回の戦闘、戦争はもとより
何よりも大切な
あらゆるファクターでの
敗北からの経験と教訓を
なぜか
ハッキリと議論しない
そういう国民である

ある意味断罪している
陸軍も海軍も
これは全くその通りだ

考えるに
これは全く代表にもあてはまる

オフトから加茂になった事
加茂更迭後
岡田が予選3位を勝ち取るが
本線も岡田続投の理由
トルシェ選択の理由
ジーコの敗北理由
オシムイズムに期待した事
緊急岡田で16強に行けた事
そしてザックでの衝撃的敗北

なにか大本営が
サッカー協会が
大々的に発表しただろうか?
ただの目標ではない
考察からの
次の指標を
宣言した事があっただろうか

一部の批評家の言葉は聞く
良く聞く
しかし
サッカー協会の言葉を
各種スポーツ紙やサイトは
しっかり報道しただろうか
もう馬鹿らしくなる
コアなサッカー雑誌に載ってるのか?
そんな雑誌知るかよ(笑)

ウルグアイ戦の意義
アギーレに課した課題
選手選考の基準
短期目標
中期目標
長期目標
そして
繰り返してはならない
過去、前回からの反省点

何一つ
納得のいく記事に
出会わない

もっというと
サッカー協会には
ファンに公表する責任が
無いとでもいうのか?

ウルグアイ戦
スポーツ紙やらサイトは
堅守速攻は出来た!
新しい期待の選手が!
アギーレには手応えあり!
みたいな
馬鹿馬鹿しい記事ばかりだった
お披露目の初戦だったわけだ
ランク6位なら負けて良いわけだ
W杯の時は
予選相手3チームに
しっかり勝てる気で挑んだのにだ

だから
ダメなんやわ

ウルグアイには
必ず勝てる気で挑みました
でも負けました
次はこうします

これが必要

逆に言うとね
アギーレは
一桁ランクに負けても
ヘラヘラして良いのは
何年間か協会の人に聞きたいわ(笑)

結論はね
アギーレジャパンなんか無いのよ
日本代表なんやわ
アギーレの物や無いの
俺らの物なの
だからね
もっと声をあげないとあかんのよ
ファンがさ
それだけ








プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。