スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとーさんの話3.幕末編の続き。

続き。

異形の構え。
近藤の上を向いた刃は、坂本の太刀に合わせ、木剣をすりあげようとする。
しかし、近藤の思惑通りにはいかない。
意外だったが、次からの数合であっけなく勝負はあった。
攻める坂本の木剣が近藤の切っ先を打ち払う。
刹那。
見事な踏み込みから打ちおろされた坂本の面を近藤は避けられなかった。
勝負あり。
近藤は額から血を流し、片膝を着いた。
湧き上がる歓声。

「何が面白いのか!やはり坂本さんの勝ちではないですか」
隣に向けてそう言った時だった。

「坂本君!坂本君!もう一本!もう一本を真剣で!」

大きな野太い声が庭中に響き渡る。
どよめいた。大きくどよめいた。
どよめくそばから、近藤は弟子であろう細身の男から愛刀を受け取り、手早く抜きさっていた。
何と言う大それた男か。もしくは恥知らずか。
もう一本は解る。解るが、どうだ、真剣である。しかも既に抜きさっている。

坂本。引くに引けないのは当たり前。玄武館での試合である。しかも力差歴然。
千葉の名にかけて一蹴するのみ。と右手を道場へ向ける。
門人がザザザと寄って真剣を手渡す。
坂本の顔に笑顔など無い。
方や近藤。
別人か?豪傑なだけでは無い、凛とした、どこか何かを決した気が漲る。
両の手にある刀が軽く見えた。木剣よりも軽く見えた。
額から流れる血が先程より艶やかに感じる。

蹲踞の構えなど無い。
双方が刀を受け取ったその距離から勝負が始まった。

ジリジリと、ジリジリと、間合いが接近する。

「ゼリャーーーーーー!!」
近藤が一気に間合いを詰める。
迎え撃つ坂本が瞬間、袈裟切りに切りつける。
打ち下ろされた坂本の刃が近藤の受けと接触した時、事態が急変した。
近藤のヤイバがギャギャと坂本のツバまで急速に走る。
よくある事。
いや、そうでは無かった。

真剣。その重さは木剣の比では無い。
坂本の稲妻の様な袈裟切りを受け止めるだけでも一苦労。
しかし、ツバまで走り「鍔迫り合い」には成らなかった。

近藤の受けた刀がツバまで達するやいなや、ゴウとひるがえり坂本の腕ごと刀が弾かれる。
弾かれた後、数瞬静寂が辺りを覆った。

近藤の切っ先は、既に坂本の左の額上にビタと止められていた。
坂本の髪がはらはらと舞う。
「それまで!」

一切の歓声は無かった。
「なんと言う・・・。」声にならなかった。
唖然とした空気の残る中、近藤は一礼を坂本に、一礼を千葉一門の方へ行い、堂々と立ち去った。
強かった。豪快だった。圧倒的だった。
ならば、あの木剣の使いは一体何だったのか。
いつしか、江戸では「技の坂本、真剣の近藤」と囁かれる事になった。



青年は、後年、京を震え上がらせた新撰組の噂が聞こえて来る毎に「そりゃそうよ」と一人ニヤリとした。

終わり。


ちなみに京都での新撰組と坂本竜馬の鉢合わせは、記録とかでは見た事は無い。
この事も、本当であれば、永倉翁とかが話しててもよさそうだが、そんな語録も無い。
なくても良いのだ。
こんな面白い手合わせを「見た」人がいたのだから。

ちなみに、司馬遼太郎(特に燃えよ剣)で新撰組に入った人は、子母澤寛の三部作、特に近藤勇の話を読む事をお勧めする。
近藤と土方のイメージ、見方が変わる。




スポンサーサイト

おとーさんの話3。幕末編。

おとーさんから聞いたおもろい話がある。

おとーさんが関西工業学校在学時代。現在の大阪工業大学付属高校にあたる。(病気のために中退)
国史に40歳代の先生がいた。
広島高等師範学校を出た方らしい。
その先生が、昭和初期まで生きていた大大先輩から、面白い話を聞いていた。
国史の先生らしく、その「語り継ぎたい話」を、おとーさん達学生にしてくれた事があったらしい。
「歴史にはのっとらんからな」と言われ話し出された。

その話とは。

維新前の江戸。
安政5年(1858年)頃だと思われる。

その青年は、お玉が池にある北辰一刀流、玄武館を目指して走っていた。
他流試合を見に行く為だった。


最近の他流試合は、道場破りや剣術修業の類では無い本当の試合だ。
黒船以降、一向に落ち着かない空気の中、刀に光が戻り始める様に、大いに盛んに成っていた。
どんなに道場の壁に遮られても江戸の人々は絶対見逃さない。
各々の道場の勝敗は、野次馬達が、それこそ尾ひれ背びれをつけてその日中に江戸中にふれ回る。
各道場の名誉がしっかりかかっていた。
今日の試合場は北辰一刀流の玄武館だ。
元は勢力拡大に他流試合を繰り返し名を挙げた流派。時流合致セリ。
そして、必ずあの剣客が出て来る筈だ。

思い出してもゾクリとする。
今年10月、桃井春蔵の士学館。
「位は桃井、技は千葉、力は斎藤」の全部が揃った交流試合。
売られた勝負は必ず買う神道無念流から、入門1年で練兵館塾頭になった長州藩士、桂小五郎が参加。
必ずや名を残す剣豪になるだろう、長躯上段からの技と気合いで連戦連勝劇をくり広げた。
桂の強さに見物人の熱気最高潮の中、千葉道場の方々から一人の名前が呼ばれた。
そしてあの剣客は堂々と現れたのだ。
北辰一刀流、土佐藩士、坂本竜馬。

双方長躯、上段対正眼。
双方互角の勝負が10本まで続く。いよいよの11本目。
ジリジリト間合が行き交う。
桂、動く。
火の出るような気合いから一閃上段をおろす。
正眼の坂本、同時に稲妻の如き鉄砲付き。
とうとう勝負が決した。
坂本竜馬一本。

野次馬も道場中も、全ての人から一斉に歓声が上がった。爆発した。
震える様な見事な勝負だった。

玄武館は、あの剣客の城なのだ。必ず坂本竜馬が出て来る。


到着すると壁と言う壁には既にわんさの人だかり。
道場内には初めから入れんものの、庭を覗くのも一苦労だ。
広い庭の中央あたり、既に木剣を持った二人の剣客がいる。

一人は、長身の悠々としたしぐさ。やわらかな笑顔。やはりあの剣客。坂本竜馬。
そして、もう一人は。
坂本よりは背は低い。がっしりとした体躯。腕がでかく太く感じる。始終笑わない。
ドンとした二本の足は、根をはったように動かない。
「あれは誰かな」と横のおじさんに聞く。
「あれは試衛館の近藤よ。天然理心流の4代目になる男よ。まあ見てな、ちょっと面白いぜ」


これが、後の維新回転の代名詞、坂本竜馬と、泣く子も黙る壬生狼、新撰組局長、近藤勇の唯一回の手合わせであった。


いよいよ試合が始まる。
すっと蹲踞の構えから二人が立ち上がる。
坂本は正眼の構え。
近藤は・・・。
近藤は中段に構えた切っ先が斜め下を向く。
その異様な形、異様であるが故の凄み。
永倉が、藤堂が、自流の門を出てまで取り入れようとし、認め抜いた実戦剣術。
「ウオリャアーーー」
近藤が、その体躯からは想像も出来ない、甲高く他を圧倒する気合いを発する。

数瞬の呼吸の後、二人の木剣が交差した。

続く(笑)


なんじゃそりゃ。


※1 桂小五郎と坂本竜馬の一戦に関しては他にも記録があり。坂本が奇襲の片手上段で桂を惑わしたが、戸惑いを解消した桂が結局勝った。
と言うものがある。
どちらにしても、10月に試合を行っているのは半平太の手紙等からも確かである。

※2 試合が庭か道場内かは不明。そんな広い庭があったのか知りませんが、カッコいいから庭。


プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。