スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 読売新聞 様

昨年
若い男性が調子のいい話し方で読売新聞のあっせんに来た

はじめは
「タダでサッカーグッズをプレゼントする」と言い
プレゼントを持ってくると
次には
「1年先でも1年契約をして一か月でも取ってくれたら更にグッズをプレゼントする」と

「いらない」といっても引き下がらない
「一か月で解約するぞ」と言ったら
「それでいい」というので
念を何度も押して契約した

年が明けて読売新聞が4月から入った
我が家は
昨年末から急に両親共に要介護3になるなど
大変な状況になったのと
実家と我が家を行ったり来たりして
「引っ越しや同居も視野に」と
状況が大きく変わってきていた
しばらくは取ろうと思っていた新聞も
致し方なく解約を決断
解約願いに営業所に行った

ところが担当者という方が出てこられて
言われたことを要約すると

「契約は1年契約。
言葉足らず、説明がいい加減な営業員は大学生のバイト
社会教育の為に雇った
あなたには契約時のプレゼントを渡しているでしょう
引っ越し先でも契約を全うしてほしい
と言う

私は
「社会教育の為の大学生のバイト」
というあたりで怒りがこみあげ
「では新聞はいらないから一年分のお金を払います」
というと
「お金の問題ではない」
という

もう全く理論や理屈がわからない

仕方なく産経新聞を取っている実家に
5か月分入れる形に変更して
話が終わった

自社の営業員を
「社会教育の為の学生バイト」と
さも青年への社会貢献の為
善意で雇った大学生が
いい加減なウソ営業をしたとしても
うちは知りません
というようなわけのわからない理論を語り

驚くことに
「お詫び」の一言もしなかった

これが読売新聞の社風という事でよろしいでしょうか
正直怒りがこみあげています







スポンサーサイト
プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。