スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月18日の記憶(1995年)

あの日。

1月17日を越え。
1月18日になり。

22歳の僕の作業靴は。
あの大地を踏みしめた。

真冬の風の中。
地面は真っ黒で。
辺りは異様に熱かった。

焼け焦げた残骸が至る所に転がり。
見渡した限りには。
燻り続ける熱気と残骸以外何も無かった。

友よ。
愛する人よ。
家族達よ。

僕は今日。
みんなに何を伝えられるのか。

崩れ落ちた高架道路の異様さを伝えれば良いのか。
焼けて無くなった工場街が。
30時間を経て。
未だに燃えようとしている事の恐ろしさなのか。
至る所にある弔いの光景か。
生と死の狭間で戦う戦士達の怒号と叫びか。

父さん。
父さんが伝えきれない記憶がある事が。
今日少し解りました。

母さん。
この街に。
母さんが悲しんだ様な。
突然の。
不条理な死が。
沢山生まれました。



さあ。
バイクのエンジンをかけろ。
現場はもう少し先だ。
出来る事をやれ。
出来る仕事をやれ。
感情は抑えろ。
動揺を隠せ。
自分の為に。
この地の人々の為に。
心。
尊厳の為に。

父さんも。
母さんも。
きっとそうしただろう。



僕はバイクを走らせ。
仕事を続けた。




16年前の1月18日の記憶。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。