スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航跡

余り期待できない。確たる確約も無い。
8月14日の佐世保探索だった。

母の兄。長兄。伯父様の海軍軍人としての軌跡。
繋がり深い親戚すら忘れてしまった過去。
それだけを調べる佐世保旅行だった。

故人の姓名と出身地しか情報は無く。
「佐世保に名前が入れられた石碑がある」
との昔話だけが頼りだった。

佐世保で調べられそうなのは。
セイルタワーと言う海上自衛隊の記念館。
海上自衛隊地方総監部。
そして。旧海軍墓地。


記念館には期待したが、全く何もなかった。
質問できるような窓口さえ無かった。
地方総監部へは行く前に、メールを送付した。
のだが、帰って来た。
もしかすれば。時間をかければ何とかなったかもしれないが・・・。
行く事すら叶わないと門構えを見て諦めた。

残るは旧海軍墓地。
今は公園として成り立っているらしい。
しかも。慰霊されている方は、176,000柱。
その中から。階級も部隊名も所属も。
もしかしたら戦死かどうかも分からない。
伯父様を探せるのか。
ここかどうかすら不明。
しかし。もう残された行先はここしか無い。
広い意味で「ご供養を」と足を運んだ。

街中を高台へと上り詰める。
シトシトと降り続く雨。
昨日の夜から全く止まない。
佐世保は終戦記念日が近い事を分かっているのか。
海軍墓地全体の追悼の涙と思える程。

門を入ると東郷元帥の像が静かに佇む。
何か事務所らしい所に人の気配があった。
行ってみると慰霊祭か通夜か葬式か。
ご婦人が何かの用意をされていた。
ダメもとで聞いてみた。
「名前と出身地と海軍軍人である事。開戦1年程で戦死。
これしか分かりませんが探して貰えるのでしょうか」
ご婦人は、責任者らしき人を呼んだ。

すぐ後ろの事務所から、
落ち着いた老紳士が出て来られた。
Kさんとおっしゃった。
Kさんは「分かる範囲で教えて下さい」
と、紙に鉛筆で情報を書きだしていく。

「お名前と出身以外に御命日は分かりますか?
1年以内だと・・・もしかすると、6月では無いでしょうか。6月5日とか・・・。」

私は直に母に電話した。
母から聞いた日付「昭和17年6月23日」を伝え、私は、
「5日ではありませんでした。しかし、開戦から半年で沈んだ船など無いんでしょう」
と、質問した。
Kさんは「そんな事は無いですよ。現に6月5日なら空母が4隻沈んでいます」
と言われた。
私は絶句した。
ああ・・・ミッドウェイ開戦は僅か7ヶ月後の戦いだったのだ。
なんと無知だったか。
ならば・・・しかし・・・23日とは何なのか。
しかしKさんは。
「6月23日・・それならば、もしや・・・・」
と資料を探しに事務所を入られたり出られたりし出した。

しばらくして。
Kさんが私達を事務所へ招いた。
「実は戦後、アメリカの資料で分かった戦闘がありました。
当初は行方不明として処理されていたのです。それが、
昭和17年6月23日、単艦での輸送船護衛任務を終了し呉へ帰還する途中、
米潜水艦ノーチラスに撃沈された、駆逐艦山風です。
しかし、貴方が仰るお名前が見当たらなくて・・・・・。」
と次のページをめくられた。
「あ、ありました!!ありましたよ!!」

そこには、私の伯父様の名前が載っていた。
「昭和17年6月23日 尻矢崎北東方面海域において戦死。海軍三等兵曹。享年22歳。」

Kさんがしみじみと仰った。
「駆逐艦山風や第24駆逐隊の方は、ふと、この墓地とめぐり会われます。
以前も、あてなく探しに来られた方が山風の方でした。
山風は単艦で行動中、230人が全員戦死したのです。
誰の助けも無く。
誰も伝える事すら出来ない。
撃沈の真実もアメリカ軍しか知らない船だったのです。
海は2カ月季節が遅れます。
6月の太平洋は冷たい海だったでしょう。
これがアメリカ軍の潜望鏡カメラから見た、沈み行く山風です」

白黒の丸い潜望鏡の中。
近距離で。
船体が半分以上沈んでいる駆逐艦山風の写真がそこにあった。


今日はここまでにしたい・・・・。

























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。