スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもひでボロボロ

1994年だと思う。
もう16年前。
ワタクシ22歳。
ロンドン、ベーカーストリートにて。
img001.jpg


小説のホームズの家が、さも「ホームズでしょ!昔ここにおったんですわ。ね!」
的に再現されていて正直テンションがTOPギアに入った。


この年のロンドン。

ユルゲン・クリンスマンがトッテナムホットスパーに移籍した年。
ベッカムがマンUのニューヒーローになっていく最初の年。
プレミアを悔しくも見れなく帰国した苦い旅行。

たしか、町のいたるところにあるお土産スタンドではベッカムやらクリンスマンの超粗悪写真入りTシャツが並べられていた。(他にもイアンライト、ギグス、ガッザ、諸諸なんでもある)
自慢じゃないが「ベッカム?誰?イヤーブック(93/94)載って無いぞ。マンチェスターはロンドンの何処?」ぐらいの知識で飛び込んだロンドン。

スポーツショップ?グッズショップ?に行くと、プレミアのグッズの中に、なぜか(多分ガスコインの為)SSラツィオのグッズと(リネカーの為)名古屋グランパスのグッズがあってビックリした。

日本人の旅行者に「これ誰ですか?」とベッカムのグッズを指さして(確かにあった)聞かれて「ああイングランドのアイドルですよ」と適当に言ったが、今を思えば、良いアドバイスをしたもんだ(笑)
しかも、自分自身トチ狂って、トッテナムのユニとTシャツ(これは良いでしょう)となぜかラツィオのTシャツを買って御満悦になってた。
さすがにグランパスをロンドンで買うほどには狂ってなかった。
良かった良かった。

あと、アンブロのナイロンジャンパーが安くであったから買った。
たしか日本円で2000円から2500円ぐらい。
10年以上たった今でも着てる。
フットボール=アンブロ。ぐらい思ってた当時。
日本に帰ってきて、ラグビーとサッカーファンから「アンブロやんけー!!それどこで手に入れてん!!」と質問攻めにあった。
もう珍しくもなんともないもんな。
ガンバのユニサプライヤーやし。
日本サッカーの世界はいろんな意味で広がったで。

しかし、右下の写真のワタクシ。

若いな。


ワタクシの左はウィンブルドンにドッグレース見に行くツアーのガイドのマイケル。
ツアーバスには俺らの仲間5人だけ。
人から「危ない、暗い、ヤバい」と言われてた暗い南ロンドンをグネグネ迷いまくる。
迷いまくった挙句「ホンマに大丈夫か?」とマイケルに聞くと。
言い訳が「実はこのツアーはあなた達がハジメテナンデース」「ダイジョーブとオモイマース」とか言いだして。
「だまされてるんちゃうか?」とゾッとした。

無事到着後「当然でしょ」見たいに俺らと一緒に飯食い始めるマイケル!
ドッグレースにも参戦。
「こいつガイドちゃうやん!」「ただの連れやん!」「それ俺らのツアー代ちゃうか!」とディナー食いながらワイワイ。
不思議と憎めないナイスガイやった。
楽しかった。


でも。

やっぱり。

今でも現地でフットボールを感じてみたい。

「フットボールを見たい日本人がおるから当日でも入れるかもしれん試合調べてくれ!」とバス無線使って頼み込んでくれたバスの運ちゃんの好意があったのに。
当時のしょうもない課長の命令で「泣く泣く」取りやめたQPRロフタスロード突入作戦。

なぜあの時・・・もっと必死にQPR-リーズU戦を見に行かなかったのか。

と今でも後悔する。


もう二度と行けないんかな。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。