スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の鳥貴族1号店

鳥貴族って、もうだいぶ有名で、東京にも出店してる。
フランチャイズも結構な件数になってると思う。(186件だった!すげえ!)

写真は、仕事帰りに通った近鉄俊徳道駅の東裏。
場末の。
片田舎の小さな小さな駅裏飲み屋通り。

この角に鳥貴族の1号店があった。

鳥貴族の跡

若い時は「鳥貴いく?」がほとんど。
最初行き始めた頃は、まだ大倉社長が店に立っていた様に思う。(勘違いかもしれないけど)
一品250円やったか。

炉辺担当は、イケメンの、勝手な通称「バタヤン」。
いつのまにか八戸ノ里店の店長になってはった。(八戸ノ里店も閉店した)

たしか、当時の店舗は1号店と永和駅と八戸ノ里駅にしか無かったように思う。

初号店のカウンターを作った大工さんが僕の先輩で大恩人の方。

今でも他の店舗に行くけど、弁天町の店がオープンした時、店員さんに「俊徳の1号店知ってるか」と聞いたら「知ってますよ!伝説のあの1号店でしょ!」と言われた。
伝説って・・・。
いや、伝説やわ。

まあ、でも、この角からサクセスが生まれたんはホンマ。



駅裏と言っても布施辺りとは比べ物にならない静かな下町。
もう少し東に行くと、司馬遼太郎が愛した静かな小阪の下町。
長瀬川を下ると、太秦映画村の前身「帝国キネマ長瀬撮影所」があった長瀬や菱屋西の街並み。
昭和初期、日本のハリウッドになるはずやった、今は静かな町。


静かなこの界隈には、マグマのような情熱とか意欲、知性、誇り、勇気があった。

そして、多分今もどこかに眠っていて、きっと羽を広げるのを待っている。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ざれごとシリーズ

PIKOMASAさんのざれごとシリーズ、好きです。ひとつ前の記事はちょっとコメント残せる雰囲気じゃなかったのでこちらに。

私も、こういう簡潔で心に残る文章書かないとな~。

また勉強させて下さい。

ちなみに京都にも「鳥貴族」あるけど行ったことないな。今度行ってみます。

ありがとうございます!

>素楽さん!!
ありがとうございます!!
いや、素楽さんに褒めてもらえるとは最高に光栄です!!

鳥貴族はふつーーのチェーン焼き鳥店ですよ。
ただし、いわゆるネギマがデカクてお得感があります。
なんでも280円!!
ただし。
店を出てからも焼き鳥臭が全く消えない事で有名です(笑)

愛媛あっぱれでした!!
プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。