スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AJCCの制裁についてもう一言

急激な進路妨害による急停止
これによる大きなダメージ、重大なリスクは何か

もちろん最たるものは
被害を受けた騎手が落馬し怪我を負う危険性
そこを重要視するのが当然

それに加えて
被害馬が受ける後遺症
この事が気にかかる

最近だと
我らが小牧太アドマイヤサガスが
朝日杯でグランプリボスに受けたダンプ

結局
あれ以降のサガスの凡走を見て
「後遺症だろうな」と思わずにはいられない
調教師からも
「朝日杯以降敏感になっている」
と当時はコメントも出ていたみたい

更にオルフェとジェンティルのアレ
オルフェお得意の緩やかな斜行に対して
確信的急斜行でダンプした例のアレ
まあ過激な性格のオルフェですから
心配は無用と思いたいが
それでも馬は繊細
どうなるか分からない
(しかし、ジェンティルは視野に入った馬に当たりに行ってるモノの
3歳牝馬がこれだけ過激な事して「ケロっ」としてたらそれこそ凄い)


2歳馬など若駒が
クラッシックに至る道程で
どうしても権利を取る為の大一番で
是非を問われるほどの一撃をくらうとする

その後の馬生
重大な影響を受けるだろうなあ
騎手だって
無事であっても
その後の乗鞍が変わってくるんだしなあ


やっぱり
この二つ
人と馬の安全とその後の生
絶対に未然に防がなければならないですよ


それには
その為には

僕としては
しっかり「降着」として
馬券を買っていたお客さまから
バキバキの非難を受ける事こそが
「本当の制裁」だと思うんです

そういう
極限の戦いの中で
最低限真摯であらねばならない境界線
真のプレッシャーこそが
結果的には
人も馬も守る事になると思います

騎手が死んでも
馬が処分されても
着差に影響が無ければ
降着にはしませんか?

JRAは
未然に事故を防ぎたくないですか?

金や
騎乗停止では無い
降着による怒り
という社会的制裁が必要だと思います



なんかまとまらんかったけど
そう思います



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。