スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちの情熱と哀愁に小牧太を

小牧太とは
40代の哀愁を阻む為の
情熱である


古くから
日本が記憶する
西から発せられた
幾度もの
都への情熱

そして
哀愁を漂わせ
訪れる
落日

もう少しの
後少しの
運が有れば

幾人もの英雄たちが
そう思った事だろう

鹿児島に生まれ
兵庫で狼煙を上げ
中央に打ち入った
無骨な男

確かに
折り重なる

小牧太には
その英雄たちの
情熱と
哀愁の
香りが有る


俺たちの世代

厳しい師弟関係は
残っていた

一世代前からは
軟弱者呼ばわりされた

「俺たちの頃は」と
くだを巻かれた

寸暇を惜しまず
働いた

ただの若造

自身を犠牲にする事が
当たり前の責務

我慢する事が
役割だった

文句を言わない事が
唯一の美徳

いつの間にか
年を経
振り返ると
成し遂げた幾つもの星

確かにあった

讃えられたい
認めて欲しい
そんな小さな栄光

しかし

絶えず

まばゆいばかりに煌めく
成功者の姿が
広い戦野
俺たちの先にはあった

まだ進まないと駄目だ
まだ戦わなければ駄目だ

そんな中
そんな情熱の中
生まれる
我が哀愁
あの時の無念

膝を着きそうになる
もう辞めてしまいたくなる


俺達よ
小牧太を見よ

俺たちの
兵庫の英雄は
馬車馬の如く
叩きあげられた
不屈の英雄だ

日本を二度までも制覇した
地方の雄だ

民衆から生まれた
民衆の王者だ

その英雄は
どんな星の廻り合わせにも
ただ健気なまでに
自身の努力を尽くしている

そして
栄光をつかもうと
まだ
いやまして
情熱を燃やしている

その姿を見よ

俺達も
哀愁は置いておこう

小牧太という
俺たちの情熱が
燃えている限り









2013年2月17日
小倉での4勝目に安堵しながら















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。