スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しみは止まらない

私は差別主義者ではない。
しかし国家間を覆う冷たい風に、諦めすら感じている。
日本をとりまく現状があまりに哀しいのでいつも冷静な記事、ニュースを希望しているだけだ。
それなのにそんなニュースは一つもない。

私の子供が幼稚園に行くようになるのだが、ふと物思いにふけると思い出すのだ。

ある国の学校では反日の授業があり、日本の国旗を踏みつける絵や日本列島をゴミ箱に入れる絵、日本に爆弾を落とす絵を幼い子供たちが無邪気に描いている。
更には好きな国を聞くだけでなく、嫌いな国も言わせる。
もちろん圧倒的に嫌いな国は日本になる。
日本は潰れろ!とか無邪気に発言する児童に先生やクラスの皆が拍手を送っている。

日本の教育が全て正しいとは言わないが、私が受けてきた教育では、あらゆる国に対する批判は教えられなかったし、どのような理由があれ戦争を肯定するような事を言うと怒られたと記憶している。
私はゼロ戦や戦艦大和ばかり描いていたが、褒めてくれたのは友人と絵画教室の先生だけで、担任は冷ややかだった。

日本は平和ボケと言われながらも、他方、戦争を多く行ったアメリカですら、児童への教育で、反ソ連の教育が有ったなど聞いたことは無い。

差別しない。
平等。
民主主義の原則を愛する自由主義国で、このような差別主義教育がまかり通る事が哀しくて仕方がない。

もう、冷静な対話などあり得るのだろうか。

哀しみは止まらない。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。