スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザックの信念に敬服します

結局
オランダ戦、ベルギー戦で
ザックは真ん中を変えてきたが
変え方に度肝を抜かれた

まずオランダ戦で
大迫が活躍したのに
ベルギー戦では
躊躇なく柿谷を再投入した
しかも大迫と同じく活躍
これはいい

DFラインは
吉田はそのままだが
ベルギー戦では
グループリーグを想定してか
中二日だからと
サイドと今野を変えた
これもいい

しかしながら
真の改革はボランチだ

山口蛍を基準にし
長谷部、遠藤、細貝を
ローテで回した

いやいや
そんなもんじゃない
試合中にだ(笑)

要するに
ハーフまで全力で戦い朽ち果てろ!

これが真意ではないか

長谷部、遠藤が
この45分という限定戦にあって
試合を落ち着かせる
いわば中間管理職の悲哀
玄人好みの仕事から解放され
元々の10番時代の
攻撃精神に火をつけられる
と見れないか

香川、岡崎、本田、大迫、柿谷の
いずれかの三人が攻撃する為の
号砲
スイッチ
それが遠藤だった
もちろん長谷部もだ

そのスイッチが
スイッチオンした後も
明確に
四人目のシャドウアタッカーとして
激烈に上がり
左右し
全力で後退する

サッカーファンが一度は考える
45分での全力運転と交代

これをボランチで実施したのは
しかも
今の代表レベル
遠藤と長谷部レベルで実践したのは
ザックの信念
と言わざるを得ない

この改革に結果がついてきたのだ
もう誰も文句は言えない(笑)

二失点は当たり前になりつつある

でも我々は考えなければいけない
これまでに経験した
ワールドカップで敗退した
全ての試合を
いかに無失点より無得点が無力かを

ディフェンスには
細心の注意歓喜をするのみだ

殴り合い上等
殴り続けろ
取られたら取り返せ

ほら
正に
初志貫徹のアンチカテナチオ
ザッケローニそのものではないか

その信念に敬服するしかない








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。