スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うちの子はサイレンススズカ

うちの息子

隙があれば
くるくる くるくる 回ってた

テンションが上がったら
徹底的に言う事を聞かずに
ただ必死に走り回る

眠くなると
少しも離れたくないと
徹底的に甘えてくる

妻の髪の毛を引っ張って
ちゅうちゅうちゅうちゅう親指を吸う

少し目が覚めて
近くに母の寝息が無いと
大泣きに泣く

当然
心配する

夫婦二人

我が家の未来に
暗雲漂ってるかも

そんな時
なぜか

サイレンススズカを想い出す

馬房で
暇があれば
旋回癖を続ける

タイヤやらボールやらを吊り下げても
ぐるぐる ぐるぐる

しまいには
みんな諦めて
好きなだけ回らせた

甘えん坊で
馬生を決める大一番
弥生賞
ゲートから厩務員さんが離れる
「お兄ちゃんどこ行くの?今日はさみしいよ」
と思ったのか

厩務員さんを追いかけて
ゲートをくぐってしまった

同い年との競争は
うまくいったり行かなかったり

こんなはずじゃないのに
でも
ぐるぐる ぐるぐる 回って

みんな信じてた
この子をそれでも信じてた
少しでも成長させようと

そんなスズカ
人より少し遅れて
ぐんぐんと成長していく

みんなが考えるより早く
どんどん完成していく

そして
圧倒的に速くなった

初めに速く
真中で速く
最後で速く

影を踏ませない逃走劇

破竹の6連勝
重賞5連勝
ステイゴールドも
エルコンドルすら寄せ付けなかった

武豊が
「理想」という言葉を使った

秋の天皇賞では
天国にまで走って行ってしまったけれど

サラブレッドだって
サンデーが父だって
誰だって
初めから完璧なんてない
失敗もあるよ
わがままもするよ
でも頑張ってる
走りたいんだ

そういう声が聞こえる馬だった


うちの子が三歳になった
4月になって
幼稚園に行った

「幼稚園楽しい」
って言うようになった

「今日はお迎えの時にちゃんとママを待ってた。座って待ってたよ」
と言った

「友達とおもちゃの取り合いしたんだよ」
と言った

もう少しして

もしも
運動会で
「パパがいなきゃ走るのいやや」と
僕の元に走ってきても
僕は怒らないかもしれない

僕は
ただ抱きしめて
慰めるだろう

サイレンススズカじゃなくてもいい
でも
君の走るべき未来は
きっと来る
君の可能性は
大きかろうが
小さかろうが
きっと広がる

そして
それは
僕らの幸せそのものだ


でも

やっぱり

うちの子は



サイレンススズカかもしれない









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

涙が出そうなのを我慢しながら読ませてもらいました。
うちの子供たちの小さいときを思い出しながら・・

私は子供が私のすべて・・っていう親でしたよ。
どこまでも子供に寄り添って
どこまでも愛して
そんなに甘やかしてっていうくらい
でも今はちゃんと自立して働いています。

私の信条は
子供はいっぱい愛せば愛すほど・・満たされれば満たされるほど
優しい子になると。。。

いっぱい子育てを楽しんでくださいね。

私は・・今その情熱は競馬に向かっていますが(笑)

No title

mamikoさん
ありがとうございます。
よんでくださり嬉しいです。

なんとなくずっと思ってた事を書きました。

優駿のエッセイコンテストにでも送ってみますかね(笑)

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。