スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラネタリウムが大好きだった。

いまラジオ聞いて思い出した

俺が小さい頃に成りたかった職業

宇宙飛行士
戦闘機のパイロット
そして
プラネタリウムの学芸員だった

父と行く谷町の科学博物館
なにより
プラネタリウムが大好きだった

悲しくなると
父が連れて行ってくれた
元気になれと
宇宙に連れて行ってくれた

父は
俺を本当に理解してくれていた
今は
父の思いすら理解できる

新しい科学博物館にも行ったけど
やっぱり蘇るのは
あの建物だ

無愛想な
あの建物に向かって
父と手をつないで歩く

悲しみと高揚が交錯していた
胸を締め付ける記憶がある

展示を見ながら
ドキドキしながら
最上階に向かう鼓動

奇異な機械を見ながら
待つほどに
ほのかに
暮れていく夕闇

そこに

優しい声

湧き上がる星空

星々の果てしない規模
距離
単位
時間

星を見上げた世界中の人々の
神話と祈り
深遠な物語と幾多の伝説

終わらないで欲しいと思いながら
明けていく暗闇

終演

ホールを出た後
映写室に伸びる階段

そこから
一人の男性が降りてくる

ファイルを持って
降りてくる人

学芸員

ああ
なんてカッコイイ先生やろうか
映画の役者を見るように
憧れた記憶

今日は
なんか大事なモノを取り戻した気がする

息子と行く予定を
さっそくたてよう






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。