スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八咫烏を見てくるとしよう

先輩というのはありがたい

酒を飲みながら話す中で

国譲りとは何だったのか
(日本書紀や古事記など)
そういう事を知ることは
自分たち日本人が
なぜこのような志向性を持つことになったのか
考えるうえで有益だ

と、また新たな興味を
私に与えてくれた

丁度
今回のGWは
鈴鹿に行こうと思っていたので
到着まで
様々な史跡を回っていくことにした

予習していると
「奈良って実はすごかったのねw」
と呆れるほど驚いた

実際に大阪人は
「京都と神戸が少しましなだけで後は何もない田舎」
と日々関西の近隣県を
知りもしないでさげすんでいる楽天的集団
ほんと自分も
「世間知らずだなあ」と恥ずかしくなる

まあ楽しんでくる

行けそうなところは

橿原あたりから
言わずと知れた神武天皇陵
(裏が欠史八代のスイゼン天皇陵)
そして日本の基礎を構築した崇神天皇陵
布都御魂の剣(ふつのみたまのつるぎ)がある石上神宮
そして
俺たちみんな大好き
八咫烏神社

今回は選択しないが
本来は163号で行きたくて
木津川辺りから回ろうと思ってた
祝園駅あたりとか感慨深いかも

さらに東へ走り
井田川駅あたりとか

四日市市に近付いたら
弱りはてたヤマトタケルが
刀を突き大和を目指した杖衝坂

そして翌日は
ヤマトタケル終焉の地
鈴鹿となるかな


当たり前やけど
東大阪市からスタートする
これが実は
大変に意義深い

イワレビコの東征において
最初の上陸は東大阪であり
最初の戦闘(敗戦)も盾津あたり
(イワレビコが盾を持って戦ったから地名は「盾津」とは恐れいったw)

そして
その東大阪と奈良を分ける
生駒山という場所が
古代日本を構築する時代において
とてつもない重要な場所であった事

しみじみと
遥かな太古を感じながら
生駒山を超えていくとしよう











雨みたいやけどねw




























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

Author:PIKOMASA(もしくはピコ・PIKOです)

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。